シュノーケリングのコツ|シュノーケル上達するためのコツも!旅行を楽しむためのお役立ち情報

沖縄でシュノーケリングをしたい

沖縄と言えば青い海を思い浮かべる方は多いと思います。その青い海でシュノーケリングをするのは解放された気分になってとても気持ちがいいものです。シュノーケリングをしたことがない方のために、準備すべきものをまとめました。これを参考にして忘れ物がないようにしましょう。

シュノーケリングする上で準備すべきもの

  • 着替え
  • バスタオル
  • 日焼け止め
  • ゴーグル
  • フィン

シュノーケリングのコツ

シュノーケル

シュノーケリングのコツ

沖縄へシュノーケルをするために旅行する方が増えつつあります。シュノーケリングが中々できない方のために、シュノーケリングをするためのコツをお伝えします。シュノーケリングのコツは「浮かぶこと」「口呼吸すること」「足をゆっくり動かすこと」です。浮かぶコツは余計な力を入れずにリラックスすることで浮かびます。必死に泳ごうとするとかえって沈みますので、とにかく全身の力を抜きましょう。そうすることで簡単に浮くことができます。上手く浮くことができたら、次に口呼吸の練習をしましょう。鼻呼吸をしてしまうと、鼻から出た空気の泡で視界を遮ってしまい、見えづらくなりますので危険です。口で息を吸って吐くのがポイントです。シュノーケルの筒が海面に出ているか注意しましょう。筒まで海の中に潜ってる状態ですと海水が筒の中に入ってしまい呼吸ができず、溺れてしまう可能性があります。

口呼吸をすること

「浮くこと」「口呼吸をすること」のコツを掴んだら、今度はフィンを使って足を動かしてみましょう。フィンとは足ひれのことを指します。足を伸ばしてゆっくりとフィンを動かすとよいでしょう。プールで泳ぐ時にバタ足をするかと思いますが、バタ足をゆっくりすることをイメージすればうまくできるかと思います。早く足を動かしてしまうと疲れてしまい、足がつってしまいますので注意しましょう。ゆっくりと焦らずに動かすことにより、浮いた状態をキープできますし身体が疲れません。そして上達するのが早くなります。ゆっくりと動かすことにより体力は持ちますが、長時間続けて練習するのは避けましょう。プールや海で泳いだことがある方なら経験があるかと思いますが、陸に上がるときに身体が重く感じます。これは陸での運動と比べて水中はとても疲れやすいことを意味しています。そのため長時間続けて練習してしまうと溺れる危険性がありますので、時間を区切って練習しましょう。

広告募集中